9月
14
2016

映画『シン・ゴジラ』

シン・ゴジラ やっと、やっと観てきました。
公開からすでに1ヵ月半(9/12現在)。
メジャーな邦画としては、これだけの長い上映は最近では珍しいですね~。

さて、中身ですが。 庵野節全開な、大勢力に対して人の知恵で勝つ!という今までの監督の作ってきたモノをまとめた集大成のような映画でしたね~。
むしろ、”ゴジラに置き換わっただけ”って感じでしたが、そこは資金力w
見せ方が段違いで見ごたえがありました。
エヴァやトップをねらえ、前回のエヴァに無理やりねじ込んだ感のある『巨神兵東京に現わる』あたりの作品から、 監督の本来やりたかったであろう兵器の見せ方やキャストの無駄な浪費w、そして特撮をこだわりつくして作った作品になってるのかなと思いました。
無駄に濃密なセリフ回しとか、一人ひとりにアップでしゃべらせるスタイル、電話の受話器を受け側から外す撮影方法などアニメ演出を実写にもってきているところがゴジラと言う仮想怪獣にアニメ、特撮の非現実感を出し、 逆に23区内の交差点や標識、街並みなどが破壊されるまでの作り込みから破壊具合、破壊しつくされたあとの瓦礫までにリアリティが溢れすぎていて、 そのリアルとフィクションの境界をうまくぼかしているところがエンターテインメント映画としてのバランスをうまく保ってるな~と。
見せ方だけでも飽きさせなかったですね。
ま、そういうところ、こだわった末の公開延期だったんだなと納得www

ま、ね、次を匂わせて終わりましたが・・・次も庵野監督に任せてしまうと今回に出し切った感が強い分、いいものを作ろうとして、でも今作を越えられなくて・・・延期、延期、延期で公開できなそう。
そう、今のエヴァのようにね(Ap●leCM風)

あとカメオ出演がすごい!とは聞いていたのでけっこう注意して見てましたが・・・ ぜんぜんわかりませんっ!w
ついでに友達もキャストの一人として出ていたようなのですが(エンドロールで知ったw)まったく気づきませんでしたw
そういう意味でも贅沢なキャスティングでしたよね~ また観る機会があっても・・・著名な方全員は探しきれなそうだなw

ってことで情報量が多い分、大画面が存分に活かされてたのでこれは劇場で観るのがおススメ!
おもしろかったです。

あ、冒頭に長い上映期間だな~って言いましたが。 9/15から”応援上映”(劇場で声を張り上げながら鑑賞するという稀有なスタイルw)が開始される模様。 ・・・それまでに行けてよかった(笑)
ちなみにその15日からは大ヒット記念として 名台詞ステッカーが配布されるみたいです。
www.shin-godzilla.jp/news/news_160912_1.html
すでに行った方も、まだ行かれてない方も、ステッカーもらいがてら、 ストレス解消に大声を張り上げに行ってみてはいかがでしょうか( ̄▽ ̄)


Comments are closed.

Pins from [Pinterest]

カテゴリー

よく使うショッピングサイト

広告ですw

Post カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31